発掘
過去のラジオをいろいろ聴いてたら、大野さんがANNにゲスト出演したときのが出てきた。
Timeのキャンペーンらしいけど、小豆つかみ対決とか、万歩計つけて腰フリ対決とか。
ラジオなのに。
シュールだ。
これ、全然記憶になかったけど、当時聴いたのかな?
忘れただけ?
万歩計、久しぶりって言ってたけど、近所の子にもらったんだっけ?
嵐ラジオ 09:30 comments(0)
過去ラジオ・ニノコメント@小栗旬のANN 2008/2/21
なんか見つかったので。 
続きを読む >>
嵐ラジオ 12:02 comments(0)
プレゼント。
今、ニノのラジオを聴いてるとこ。
ニノ、潤くんから完成したパズルもらったって。
大阪の帰りの車に乗ってたそうで。

9月12日のJUN STYLEで、ドラクエの1000ピースのパズルを作ってる
って言ってて、この前の会報でパズルが完成したと言ってた。
ニノ曰く、「早かった」。
大阪ってことは、9月末にはできてたんだよね。

でもニノ、
「パズル、やりたかったな」
潤くんは、ニノは忙しいからって作ってくれたみたいだけど。
しかも額もちゃんとお願いして用意してくれたみたいだけど。

なんだか一生懸命な感じの潤くんがかわいくてたまりません。
ちょっと空回り気味のね。
嵐ラジオ 22:12 comments(0)
Art Of Words〜櫻井翔のおくのほそ道2
女性のナレーションが軽くてうるさい感じなのが難だ。 

翔さんと立松さんとの対談。
翔さんの朗読などで松尾芭蕉のおくのほそ道の最終地点までたどる。

続きを読む >>
嵐ラジオ 00:36 comments(0)
Art Of Words〜櫻井翔のおくのほそ道1
5月の「人間失格」に続く2回目。

「古池や蛙飛び込む水の音  名月や池をめぐりて夜もすがら
秋深き隣は何をする人ぞ

こんばんは、桜井翔です。
秋も深まってきましたが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか」
続きを読む >>
嵐ラジオ 23:08 comments(0)
言葉の力@J-WAVE 櫻井翔の「人間失格」2

翔さんの朗読をまた聴いてみたが、頽廃的な感じがやはり色っぽいと思う。
聴いていて、ドキドキした。
「この野郎、キスしてやるぞ」とか。
ダメ人間っぷりがいいよ。
翔さん、実はこういうの向いてるんじゃない?
女性のナレーションがカフェーの女給を
現在のキャバ〇ラのキャ〇嬢と解説していたけど、
どうも違和感が。
わかりやすいとは思うけど、キャ〇嬢じゃ頽廃的な感じがしないもの。

続きを読む >>
嵐ラジオ 15:40 comments(0)
言葉の芸術@J-WAVE 櫻井翔の「人間失格」1
どんな番組かもよくわからず、とりあえず聴いてみる。
恥ずかしながら「人間失格」を読んだことはないけれど、
こまつ座の「人間合格」(岡本健一主演)ならば、見たことがある。
すごく好きなお芝居だったんだけど、今日はそれを思い出しながら、
翔さんのリーディングドラマも聴いてた。
ラジオっていうのも、映像がないだけに想像力をかきたてられるっていうか、
翔さんの朗読もやけに色っぽく感じられたな。

翔さん、「言葉の芸術」、ラップ詞を書いているからこその、
今回のお仕事だったのかしら?

言葉は多くの力を持っている・・・などと語ってから、
「今回の題材は小説。僕、櫻井翔は、その力を探るべく、
作家太宰治の紡いだ言葉の世界を旅します。
命を削りながら文学と向き合ってきた太宰、
彼の名作『人間失格』は1948年、彼の入水自殺後に発表された、
まさに遺書ともいえる作品です。
登場人物の名前こそ違いますが、作者である太宰治、
本名、津島修治のほぼ一生と言ってもいい内容です。
今回はそんな太宰の『人間失格』を現代風にアレンジ。
ダイジェストにして、朗読劇にチャレンジします。
そしてその言葉と向き合うために、太宰が暮らした三鷹にも行きました。
また入念な取材をもとに書かれた『ピカレスク 太宰治伝』の
著者、猪瀬直樹さんにもお話を伺いに行きました。
作品だけではなく、太宰自身を感じることで、言葉の持つ奥深い部分に
たどりつければと思います」

・猪瀬直樹さんとの対談。
・禅林寺、玉川上水、三鷹電車庫跨線橋を訪ねる翔さん。
これらが、朗読の合間に入ってきて、なかなか凝った構成。
続きを読む >>
嵐ラジオ 22:55 comments(0)
翔さんコメント@アニスパ09/3/7
 「たかはし智秋のヤッターマンナビだコロン」コーナーにコメント出演。
オモッチャマの声の人なんだね。
アニメに詳しくないから、全然知らなかったし、この番組の存在も
初めて知った。
続きを読む >>
嵐ラジオ 13:34 comments(0)
翔君コメント2@TBS「ウィークエンドシャッフル」08/10/25・3
〜櫻井君の魅力〜
セカンドアルバムからラップパートのセルフプロデュースを始めている。
アイドル歌謡にラップの手法を取り入れた第一人者。
櫻井君のラップの魅力は、知的なリリック。
あらゆるジャンルの楽曲にラップを乗せて行くうまさ。
嵐っていうグループが世間に伝えたいメッセージを櫻井君が書くラップに
託して発信していることが、嵐の音楽に対する櫻井君のラップの意義では
ないか。
櫻井君のラップを凝縮した曲が、「Re(mark)able」。


続きを読む >>
嵐ラジオ 00:29 comments(0)
翔君コメント@TBS「ウィークエンドシャッフル」08/10/25
「タマフルをお聴きのみなさん、宇多丸さん、こんばんは。
ども、ご無沙汰しております、嵐の櫻井翔です。
え、今日は僕たち嵐の曲を特集してくださるということで
どうも、ありがとうございます。
えー、本来スタジオにお伺いしたいところですけれども、
コメントというかたちで失礼させていただきます。
ということでですね、僕ら初めての全部ラップのシングル、
『a Day in Our Life』という楽曲があったんですけども、
えー、こちら『木更津キャッツアイ』の主題歌ということ
もあって個人的にはすごい思い入れが深くてですね、
実は気づいている方もあまり多くはないんではないかと
思うんですけども、少年隊の『ABC』という曲をサンプリングして、
スケボーキングのえー、お二方が作ってくださいまして、
ホントにこの曲は今でもライブで、えー、すごく盛り上がる
僕たちにとって大切な楽曲になってます」

続きを読む >>
嵐ラジオ 11:20 comments(0)
1/2 >>
毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other