翔君コメント@TBS「ウィークエンドシャッフル」08/10/25
「タマフルをお聴きのみなさん、宇多丸さん、こんばんは。
ども、ご無沙汰しております、嵐の櫻井翔です。
え、今日は僕たち嵐の曲を特集してくださるということで
どうも、ありがとうございます。
えー、本来スタジオにお伺いしたいところですけれども、
コメントというかたちで失礼させていただきます。
ということでですね、僕ら初めての全部ラップのシングル、
『a Day in Our Life』という楽曲があったんですけども、
えー、こちら『木更津キャッツアイ』の主題歌ということ
もあって個人的にはすごい思い入れが深くてですね、
実は気づいている方もあまり多くはないんではないかと
思うんですけども、少年隊の『ABC』という曲をサンプリングして、
スケボーキングのえー、お二方が作ってくださいまして、
ホントにこの曲は今でもライブで、えー、すごく盛り上がる
僕たちにとって大切な楽曲になってます」

そうそう、わたしも「木更津キャッツアイ」の初回を見て、
エンディングでこの曲が流れて、嵐ってこういうの歌うんだって
驚いた記憶があるなぁ。

宇多丸さんが言うには、少年隊の「ABC」のベースになっている部分を
サンプリング、部分的に録って、それを繰り返して、スピードを遅めて
使ってる。
・ジャニーズ内ジャニーズオマージュ。
・ジャニーズの昔の名曲からサンプリングして何か作れないかというアイデアが
まずあった。
・サビの部分でコーラスの上にラップを乗っけるのも斬新。
 カニエ・ウェストよりも早い。

ジャニーズ専門DJ・オギィ申し訳Jr.による嵐の楽曲の歴史。
第1期 序章期  デビュー曲から「a Day in Our Life」まで。
第2期 方向転換期 「a Day〜」発表の2002年から 
   翔君がラップのセルフプロデュースを始める。
   嵐の音楽的な個性を獲得し始めた時期。
第3期 再起動期 2006年の「ARASHIC」の「COOL & SOUL」から。
 ソウルテイストのものが増えて行く。

宇多丸さん、「アラシゴト」も読んでるんだ。
翔君のは曲を立てるためのラップだって。
嵐ラジオ 11:20 comments(0)
スポンサーサイト
- 11:20 -
COMMENT









毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other