映画「運命じゃない人」見ました。
評価:
井上恵一郎,内田けんじ,石橋光晴
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
(2006-01-27)

公開当時、話題になってて、気にはなってたけど見逃してて。
DVDを借りてきて見た。
面白い!

中村靖日さんの出世作だよね。
情けなくて、格好悪いけど、かわいらしい。
主人公の宮田役にぴったり。
 
巻き込まれ型ヒロインとかよくあるけれど、この中村靖日さん演じる宮田は
巻き込まれてるけど、それに本人は一切気づいてないという。 

彼女のあゆみと暮らすために分不相応なマンションを買ってしまった会社員の宮田。
しかし彼女はたった1週間マンションに住んだだけで、出て行ってしまった。
ある日マンションに帰った途端に、探偵の友人からの電話でレストランに呼び出される。
レストランでは婚約破棄されたばかりの女性と知り会う。
住むところもない女性を自分のマンションに泊めることになるが、泊まることなく
女性は出ていってしまう。
宮田は追いかけて、決死の覚悟で女性に電話番号を聞く。
しかし、それはニセの番号だった。
でも電話番号を女性に聞けただけで満足するお人よしの宮田。

と宮田にとってはそれだけの物語。
でも実は宮田の元カノのあゆみはとんでもない悪い女。
結婚詐欺をするわ、付き合っていたヤクザのもとから札束を持ち逃げするわ。
しかも結婚詐欺で稼いだ金を持って、海外に逃げようとしている。
宮田の友人の探偵のもとを訪れたあゆみは、宮田のマンションに置いてきてしまった
パスポートを取ってくるように頼む。
パスポートと引き換えに100万円を探偵は要求。
札束はヤクザのもとに戻すことを提案する探偵。
それに乗ったふりをするあゆみだが、こっそり札束の入った荷物の中身を下着と
入れ替えていた。
しかも札束は、表だけがホンモノで中身はただの紙。
それを知るのは、ヤクザのみ。
宮田が友人から呼び出されたときは、実は友人とあゆみは宮田のマンションにいたり、
宮田が女性とマンションに戻ったときは、ヤクザがマンションに潜んでいたり。
女性が宮田のマンションを飛び出したとき、あゆみが下着と入れ替えて、宮田の
部屋に隠していた札束を偶然見つけて持ち出していたり。

宮田がまったく気づかないだけで、彼の周りではとんでもないことが起き続けてる。
宮田は最後まで何も気づかないのかな。
あゆみのことも普通の清純な女性と思っていそうだし。
女性が最後に札束を持って、宮田のマンションのチャイムを押すとこで終わったけど、
札束を持ち出したことで良心がとがめたのか、宮田のことが気になったのか。
でも札束が自分の家にあったことを宮田が知らないんだよね。
どうなるんだろう。あ、宮田は同僚にマンションを数時間貸すことになってたから、
自宅にいないのかも。

伏線が張り巡らされてるストーリーって大好き。
見ながら、え?そんなことが?なんてことの連続。
面白かった〜。
内田けんじ監督の作品は「鍵泥棒のメソッド」、「アフタースクール」と見て、
この一作目の「運命じゃない人」も面白かったし、次の作品も楽しみ。
映画 23:49 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:49 -
COMMENT









毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other