映画「そして父になる」見ました。
JUGEMテーマ:映画
初日に見てきた。
 


 

(公式ページのあらすじ)
大手建設会社に勤める野々宮良多は、都内の高層マンションで妻みどりと
6歳の息子慶多と3人で暮らしていた。ある日、慶多が生まれた病院から
連絡がある。DNA鑑定の結果、慶多は他人の子だった。病院の仲介で会った
相手方は、群馬で小さな電気店を営む斎木一家。粗野で境遇も違う斎木夫婦に
嫌悪感を抱く良多だが、交流を深めるうちに実子である琉晴に自分との
つながりを見いだして行く。思い悩んだ良多の決断は…。


良多はエリートで、ずっと頑張ってきた人。
だからちょっとのんびりした息子の慶多を少し不満に思っているし、
斎木夫婦のことは見下している。
慶多が自分の子ではないとわかったとき、妻の前で
「やっぱりそういうことか」とつぶやく。
これ、「え?」って思った。
言っちゃまずいだろうと。
後半、このことを妻にも責められるんだけど。
妻のみどり(尾野真千子)の実家でも、良多さんと自分の家は釣り合わないと
思ってるみたいだし。
斎木夫婦のこと、見下してるけど、裕福ではないけれど、まずしいわけでも
ないし、良多と違って、子どもとは関わろうとしているし。
そう、良多はエリートだけど、忙しいことを理由に家庭をあまり顧みて
来なかったんだよね。
両家で会っているとき、斎木家のお父さんは子どもと遊びまくるのに、
全然良多は交わらない。

子どもを取り違えられていたことが判明したことがきっかけで、福山雅治演じる
良多が親になっていく話なんだなと。
一番切なかったのは、良多愛用のカメラを慶多にあげようとしたら、
いらないって言われるんだけど、実はそのカメラには慶多が撮影した良多の
写真がいっぱい入ってたこと。
父親はあまり息子に目を向けてなかったのに、息子は父親をいつも見てたんだなって。
またその写真に気づくのが遅いんだな、良多は。

是枝監督は、子どもに台本を渡さずにその場でセリフを教えて、あとは自由に
やらせているらしい。
子どもがかわいい。
特に慶多。
終盤、ずんずん町を歩いてるときの歩き方とか。
こことカメラのことは思い出すだけで、切なくなる。

最後は良多が息子たちと向き合おうとするとこで終わるから、ハッピーエンド
なんだろうな。
これからもいろいろありそうだけど。

それから、良多のお父さん役で夏八木勲さんが出ていて、亡くなられたんだなと
思ったら、それも切なかった。

映画 23:41 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:41 -
COMMENT









毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other