映画「その夜の侍」見ました。
映画を見に行ったとき、予告を見て、ずっと気になってた。
でも予告を見る限り、悲しい結末が予想されて、怖くて見る勇気が出なかった。
主人公は、鉄工所を営む中村(堺雅人)。
妻をひき逃げで亡くしている。
妻をひき逃げしたのが木島(山田孝之)。

中村は妻が吹き込んだ留守番電話のメッセージをずっと聞き続けていて、妻の納骨もまだ済ませず、
妻の残した下着に顔をうずめていたりする。
そこに妻の兄が見合い話を持ち込む。
ここで、まだ納骨も済ませていないのに、縁談なんて!と思ってしまうんだけど、義兄のセリフから、
妻が死んでから5年が経過してることがわかって、「あ…」と軽くショックを受ける。
5年も、このままだったんだと。
この流れはうまいな。

木島は服役して、現在はタクシー会社で研修中。
ひき逃げしたときに同乗していた小林(綾野剛)の家庭に居ついているらしい。
木島のもとには、中村から毎日復讐を決行する旨が書かれた手紙が投函されている。
そのことは、中村の義兄も知っていて、木島から脅されているが、中村には言わないでいる。

木島はとにかくひどい人間で、タクシー会社の同僚が、自分の過去をばらしたと決めつけて、
殺す寸前までのことはするし、中村の義兄も同じような目に合わされる。
財布を拾い、持ち主の女性(谷村美月)を脅し、関係を持つ。
やりたい放題。
そんなひどい人間なのに、小林は離れられない。
自分がいないと、木島はダメだと思っている。
同僚も、さんざんな目にあわされても、木島との付き合いを続けるし、財布の持ち主の女性も同様。
みんな、寂しいとか、そんなことが理由。

山田孝之が本当に極悪人にしか見えないし、堺雅人は情けない中年男そのもの。

最後は、妻を殺された男と殺した男の対決となるわけだが、これが悲惨なことになりそうで、
怖くて映画が見られなかった。
でもそうではなくて、結末は過去を引きずり続けた男の過去との決別だった。
ホッとした。
奥さんの留守番電話のメッセージも削除したし。

ホッとしたのは、鉄工所の従業員も同じだと思う。
空気は読めないけど、中村を本当に心配してる久保さん(高橋努)とか、すごくよかった。
綾野剛も弱い男なんだけど、それがやたらと色っぽいと思った。
白いシャツが似合ってたし。
あと、安藤サクラが歌がうまい!

重すぎる話だなと思ったけど、ほんの少し明るい未来を感じさせる結末でよかった。

もともとはスズナリで上演された舞台作品だということだけど、これ、舞台で見ちゃったら、
きっと立ち上がれないな。
映画 16:17 comments(0)
スポンサーサイト
- 16:17 -
COMMENT









毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other