中村文則「あなたが消えた夜に」読みました。
JUGEMテーマ:読書
最近、残念なこと。
本を読むのが遅くなった。

理解力の低下とか集中力の低下とか、いろいろあるんだろう。
切ない。

この本は少し読み進めたら、先が気になって気になって、一気に読んでしまった。
ただ登場人物が多いし、過去のことも描かれるから、〇〇のキャッシュカードを使ってATMで
お金をおろすとか描写が出てくると、〇〇って誰だっけ?
みたいなことになって、前のほうのページをペラペラめくって、〇〇を探したり。
途中に何度か登場人物の説明ページが入ってるのは、ややこしくなるのは私だけではないからだと
思いたい。
が、わたしはそれでも足りなくて、前のページを探しちゃうんだけど。

主人公は子ども時代に起こった事件のトラウマを抱えて生きている刑事。
その事件が物語の軸になっているのかと思ったが、そうではなかった。

その刑事が追う世間を騒がせている「コートの男」が起こした連続通り魔殺人事件。

犯人は意外な人物だったけど、その犯人からの告白の手紙がとにかく痛々しい。
最初に起こった殺人事件も、小説の軸となっている最初の事件に便乗した殺人事件も
哀れな女が絡んでいる。
男は哀れな女に弱いんだななんて思ってしまったら、いけない?

殺人事件よりも、悪意と狂気が恐ろしかった。
最初の事件はともかく、軸となっている事件はわたしの理解を超えていて、
共感はできないな。

主人公の刑事が抱えてきた心の闇が少し晴れてきつつありそうなことと、相棒の女性刑事が
辛い過去を抱えながらものほほんとしていることが救い。
とにかく重い話だった。

 
読書 23:10 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:10 -
COMMENT









毎日疲れ気味。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>



NewEntry
Profile
Mail
メールはこちらからどうぞ
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other